۲۸
آبان

苗字 明治 以前 14

明治以前、日本が夫婦別姓だった頃、特に江戸についてお尋ねします。これは、「妻は実家の姓を名乗らなくてはいけない」制度だったのでしょうか。それとも、「妻は実家の姓を名乗ってもいい」制度だったのでしょうか。当事者達の任意によ

jidai-manabu-gogo7. -江戸城内の重大事件簿- 〈25JKI39〉, 【江戸時代を学ぶ】 粋な江戸の男たち《2》 お次に控えしは『相撲取り』 〈25JKI00〉, 【三大〇〇調査会】 書の「三蹟」、そして「三筆」と諺「弘法も筆の誤り」・「弘法筆を選ばず」について 〈2408JKI47〉, 【江戸時代を学ぶ】 幕府直轄地(天領)の行政官、代官と郡代 について 〈25JKI00〉, 【大坂の陣・外伝】 伊達政宗の犯罪。嗚呼、無念の神保相茂隊全滅!! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); // ]]>​_

「これからは庶民も必ず苗字を使いなさい」

皆さんが生まれた時から当たり前のように、名乗っている「名字(苗字)」。 自分に名字があることなんて当たり前のことすぎて、改めて考えたこともない方が多いと思いますが、自分の「名字」がいつ決まって、いつから使われるようになったのかをご存知でしょうか?, 歴史ある名家や旧家出身の方でない限り、ご存知の方は少ないと思います。知っていたとしても、家族の言い伝え程度の情報ではないでしょうか。, 自分が今の名字であることにも理由があり、歴史や由来があります。そこでこの記事では、名字の歴史と由来、自分の名字がいつ決まったのかについて、解説します。, 名字の歴史について触れるまえに、「名字」とは一体何なのか?という点をハッキリさせておく必要があります。現代では「氏」も「姓」も「名字」と名前という意味で用いられていますが、古代(平安時代以前)では氏姓制度がしかれ、「氏(うじ)」と「姓(かばね)」は区別されていました。, 「氏(うじ)」とは「氏族」と呼ばれる血縁集団を表し、各氏族には王権の中で担当する職務が定められていました。古代の大王家(天皇家の前身)を中心としたヤマト王権では、その氏族を「氏」と呼んで管理し、氏族もその氏を名乗っていました。神事・祭祀を担当した中臣氏(なかとみうじ)、軍事や刑罰を担当した物部氏(もののべうじ)等が有名です。「氏」は天皇から与えることもありました。, 「姓(かばね)」は、元々は古代の大王家が氏族に与えた「称号」のことをいい、臣(おみ)、連(むらじ)、伴造(とものみやつこ)、国造(くにのみやつこ)等があります。飛鳥時代になると、天皇を中心とする中央集権制度への改革を目指す大化の改新(646年)の中で、身分制度の整理を目的として天皇家から八色の姓(やくさのかばね)が与えられました。, 八色の姓は、真人(まひと)、朝臣(あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣(おみ)、連(むらじ)、稲置(いなぎ)と、文字通り8種類ありました。さらに、戸籍制度が始まったのもその頃で、管理上の必要から庶民にも庶民用の氏姓が与えられました。つまり姓(かばね)は“天皇から授かる”呼び名、称号のことだったのです。, このように、古代の日本では「氏(うじ)」は血縁集団の呼び名のこと、「姓(かばね)」は天皇が与えた称号のことだったので、「名字」とは異なるものでした。その後、「氏と姓」は時代が進むにつれ、本来の機能を失っていきます。, 奈良時代後半になると、八色の姓によって整理された姓(かばね)が形骸化してきてしまいました。有力な氏族のほとんどの姓が朝臣(あそん)になってしまったのです。朝廷に功績のある氏族に対して、褒美として天皇が朝臣の姓を多く与えたことが原因でした。, 朝臣(あそん)は皇族以外の臣下の中で事実上一番上の地位の姓だったため、氏族たちは当然、下位の宿禰(すくね)より上位の朝臣(あそん)の姓を名乗るようになっていきました。, 平安時代になると、朝廷の重要な役職に就く氏族は「源平藤橘」と呼ばれる4つの氏族によって占められることになります。この源氏、平氏、藤原氏、橘氏の全てが朝臣の姓だったため、もはや姓は身分を整理する機能を失っていました。, さらに源平藤橘の中で、藤原氏は朝廷の中で圧倒的な力を持つことになり、「藤原氏」が多くなってきたことで、藤原どうし、お互いの区別がつきづらくなっていました。, では「名字」に通じるものはいつから出てきたのかというと、平安時代の終盤に名字が生まれることになります。公家(くげ)と呼ばれる貴族の名字と、武士の名字とでルーツが異なりますが、どちらも当時の時代の必要性から自然発生的に生まれることになります。, 増えすぎた藤原の氏族は、自分たちの屋敷のある京都の地名等から家名(九条・近衛・鷹司・二条・一条等)で区別されるようになり、いつからか自らもその呼び名を名乗るようになりました。その後他の公家(貴族)である源氏、平氏、橘氏にも同様に広がっていき、平安時代の終わりになると、その通称としての「家名」が呼び方として定着しました。, 「貴族の名字」の解説記事自分の名字を調べると昔の身分がわかる!?名家や貴族の名字とは。, 平安時代の終わりになると、荘園といわれる貴族所有の農地を警護するための武士、地方を開拓するために展開した藤原氏、源氏、平氏等に出自をもつ武士が誕生していました。この頃の武士では武蔵七党が有名です。その武士たちも公家と同じく姓を同じくするものが多かったため、区別がつきづらくなっていました。そこで、武士たちは自分たちの領地・名田(みょうでん)を守り、かつ明確にするため、自分の支配する土地の地名を名字として名乗ったのです。, 鎌倉時代になると、名字は公家や武家などの特権だと意識され始め、幕府も農民の名字を禁止する政策をとります。しかし、室町時代になると、農民の一揆をはじめとする下剋上(げこくじょう)が相次ぐようになり、幕府の力が弱体化し、農民も武士に対して影響力を持つようになってきていました。, そんな時代の中で、武士も農民との関係を模索し、中には農民に対して自分の名字を与える武士も出てくることになりました。このようにして、幕府が農民の名字を禁止する政策は失敗に終わることになったのです。, 上のように姓を同じくする公家や武士から名字は始まりました。その後、①貴族の「家名」と②武士の「名字」は、「名字」として統合され、室町時代になると農民階層にまで広がっていきました。, このように歴史の視点でみると、大きな「氏」の集団から「姓」で区別していたものの区別がつかなくなり、出自を同じくする人達の間で「家」を区別する名称として「名字」が定着したということになります。姓(かばね)は天皇から授かるもので勝手に変えることは許されなかった一方、自分で自由に決められる「名字」は使いやすく、広がっていきやすかったのです。, 現代でも「横浜の伯母さん」「金沢のおじいちゃん」等と呼んで親戚を区別することも多いと思います。今も昔も、土地や場所が要素になっている点については同じだったということになります。, 戦国時代から安土桃山時代になると、天下を統一した豊臣秀吉が「刀狩り」や「太閤検地」に代表される武士と農民の身分の分離政策(兵農分離)を進めます。この頃になると幕府の影響力が強まり、「苗字を名乗ること」についても支配階級の特権と意識されるようになり、庶民は次第に苗字を公称することを自粛するようになってきます。, 徳川幕府の江戸時代になると、苗字が身分証明にさらに利用されることになり、1801年(享和元年)の苗字帯刀の禁令が出されます。これがいわゆる「苗字帯刀(みょうじたいとう)」であり、苗字が身分の象徴になったため、武士等の特権階級や一部の庶民(庄屋・名主)を除いて苗字を公の場で名乗ることができなくなってしまいました。当時の江戸時代の特権階級の名字は1万種程度だったといわれています。, 商人や農民の中でも、元々武士の家が帰農した場合には苗字があり、上層の農民も苗字を持ち、商人も名字に「屋」をつけて屋号にしたりしていました。あくまで苗字を公に名乗ることが許されなかったのであり、苗字を持つことが許されなかったわけではありません。, そのため、公的な帳面である宗門人別改帳には庶民の苗字は書かれなかったものの、私的なものである寺の過去帳や墓碑には庶民の苗字が記載されることもあったといいます。つまり江戸時代でも庶民でも非公式に苗字を持ち、私的に名乗っていたということなのです。, あの織田信長の場合、「平朝臣織田三郎信長(たいらのあそんおださぶろうのぶなが)」という正式な名前を持っていました。この時代の公家や武士は出世するほど名前が長くなっていったのです。これに官名である「上総介(かずさのすけ)」を入れて、呼称するときもあります。, この組み合わせでお互いを識別していました。こう並べてみると、最初から本名(諱)で呼びあえばいいのでは?と思うかもしれませんが、当時の諱(いみな)は、生前に呼ぶことは親などの親しい人を除いて非常に失礼なこととされていました。そのため、「信長様」等と呼ぶことは実際にはあってはならず、個人で区別のつけやすい通称名である「字(あざな)」も持っていたというわけです。, 昔だけではなく今でも、初対面の人や目上の人を名前で呼ぶと、馴れ馴れしい・無礼と思われるに違いありません。形を変えながら、日本人のマナーは今でも引き継がれているということなのでしょう。, 幕末に明治維新がおこり、明治の新政府が進める近代化政策の中で、これまでは“特権”だった名字をどのように位置づけるか議論が起こりました。最終的には全国民の把握、戸籍編成の必要姓もあって、庶民を含む全ての国民が公的に名字を持つことになり、名字について多くの太政官布告(法令)が出されることになります。代表的なものを整理しておきます。, 明治新政府は、平民苗字許可令を出します。これはつまり、 Copyright © 2017-2020 家樹 All Rights Reserved.

最近では観光に訪れる数多くの外国人を見かけることが多くなりましたが、明治時代に... c The New York Public Library 時代劇などによく登場する「代官」という役目、何故か創作の世界では概ね悪役として描かれていることが多い‥‥。名奉行!!

というものです。これにより、公家出身の「華族」や、武士出身の「士族」ではない平民でも苗字を名乗ってもよいことになりました。しかし庶民にとっては苗字を名乗るようになると、新たに課税がされるのではないかと警戒して、名字の届け出を行う庶民は少なく普及しませんでした。いきなり苗字を名乗ってよいといわれて戸惑り、何かウラがあると思われていたのでしょう。現代でいうところのマイナンバー制度の導入経緯に似た部分があるといえます。, 通称「壬申戸籍(明治5年戸籍)」編成のために戸籍法が制定され、苗字の登録が推進されました。この壬申戸籍は「家」を単位として国民を把握するもので、現在のように「夫婦・親子関係」を単位とするものではありません。, この太政官布告によって、今後の公文書に「姓尸(せいし)」=先に紹介した「氏(うじ)と姓(かばね)」を表記せず、「苗字」と「実名(本名)」の2つの要素で表記すると定めました。これにより、古代から続いてきた氏(うじ)と姓(かばね)は廃止され「苗字」に集約されることになり、現代と同じ「苗字」と「名前」の時代が到来したことになります。, すでに登録済みの苗字の変更を禁止しました。個人の識別のための苗字だったことから、安易な変更を禁じたのです。, 苗字の登録が普及しないため、1875年に新政府は改めて名字の使用を“義務づける”太政官布告を出します。これにより、 明治時代の食事や服装など明治時代の暮らし・生活・文化・人物や出来事について紹介していきます。, 苗字と言えば、女性は結婚して苗字が変わることもありますが、男性の場合結婚した際に婿に入らない限りずっと親の苗字を名乗るのが一般的です。, しかし、明治時代は自分の苗字を好き勝手に決めていた、というのですがその真相はどんなものなのでしょうか。, 明治以前の時代、江戸時代においても苗字を普通に名乗っている人もいましたが、幕府の政策により正式に名乗れるのは庄屋や名主、旧家や大商人などのほんのひと握りの人だけであったとされています。, 一般庶民の間でもまれに苗字を名乗る人はいたとされていますが、それも一代限りの約束だったとされています。, それが明治時代に入ると、一般の庶民の間でも苗字を名乗るように明治政府から御触書が出て自分たちの名字を決めていくようになります。, 好きなように勝手に名乗ってよかった、という記述もあるとされているようですが、基本は先祖のルーツにのっとってつけるのが一般的だったようです。, 先祖のルーツがはっきりしない、わからないという場合だけ適当に付けていたとされていますがそれも非常に稀だったと言われています。, 明治3年になると、「平民苗字許可令」という命令が出て一般庶民も普通に苗字を名乗ることを義務付けられるようになります。, ただ、この平民苗字許可令によって課税されることを恐れた一般庶民はほとんど届け出をしなかったのであまり広まらなかったとされています。, その後、明治8年になると「平民苗字必称義務令」が出されたことにより本格的に一般庶民も苗字を付けるようになります。, そもそもなぜ一般庶民まで苗字を名乗らなければいけなくならなかったのかという理由については、徴兵制度が関係しているようです。, 明治維新が起こって日本も各国列強と肩を並べるために強力な軍事力が必要だと思った明治政府は、いざという時に備えて国家が国民に対して服役を義務付けやすくするためにも、苗字を名乗らせたと言われています。, 最近では仕事や個人を尊重し結婚していても夫婦別姓を名乗った方が良いという考え方の人も増えてきたようですが、現在の日本では相手の戸籍に入った方が旧姓を変えて戸籍の相手方の苗字になるのが普通とされています。, それが、明治9年に発令された大政官指令では、たとえ結婚し夫婦となっても女性側が旧姓を変える必要がなくそのまま使って良いという命令が発令され、明治時代の日本はしばらく夫婦別姓で過ごしてきたとされています。, 中国などでも、結婚しても女性は夫の苗字に変更するのではなくそのまま自分の元の苗字を使い生まれた子供は父親の苗字を名乗るようですが、わが国日本においても夫婦別姓が採用されていた時期があり、それが明治時代だったのです。, しかし、あまり効果がなかったのかやはり同性の方が便利だったと思ったのか定かではありませんが、明治31年に明治民法が成立した際に結婚後の苗字は夫婦別姓から夫婦同姓に代わっていったとされています。, そのまま明治民法の中に夫婦同姓が組み込まれていなければ、現在の日本は夫婦別姓であったのかもしれませんね。, 明治時代, 苗字 そこに記載されているご先祖は、どんなに古くても「文化」(1804~1816)頃の出生世代が限界となるでしょう。 では、それ以前・・・

〈25JKI28〉, 【江戸時代を学ぶ】 江戸の武家屋敷(特に大名屋敷・江戸藩邸)について 〈25JKI00〉, 我が音楽趣味とオーディオ遍歴 “第1世代/Season-1.0” 〈759JKI07〉, 【ライバル対決】 独軍 キューベルワーゲン vs 米軍(連合軍) ジープ 〈3JKI07〉, 《ファンタジーの玉手箱》 ナルトもビックリ、本当の“九尾の狐”伝説!! 《1》 〈248JKI54〉. 明治時代、苗字は勝手に名乗ってよかった? 明治以前の時代、江戸時代においても苗字を普通に名乗っている人もいましたが、幕府の政策により正式に名乗れるのは庄屋や名主、旧家や大商人などのほんのひと握りの人だけであったとされています。 日本の伝統的な国技でもある相撲は、実は明治時代からすでに執り行われていたことを... c The New York Public Library を... 「寺子屋」とは、安土桃山時代の末期から江戸時代において、庶民の子弟に読み・書きや算盤(そろばん)もしくは簡単な計算法や初... 【江戸時代を学ぶ】シリーズ “「寺子屋」の実態”の3回目である今回は、江戸時代の「寺子屋」における女子教育の実情や女性師... 混戦の渦中、味方が互いに相戦う「同士討ち」はよくあることの様だ。近代戦においても誤射や誤爆は頻繁に発生しているし、まして... 江戸時代において、江戸市中に常住する武家には幕府から屋敷地が(貸し)与えられた。これらの武家には、各大名家と徳川家の直接... 今回の【江戸時代を学ぶ】は、前・後編にわたり関東取締出役について触れたい。通称を“八州廻り”と呼ばれたこの役職・組織は、... 連載第2回目は“第1世代/Season-1.0”と題して、初めて自らの意志でオーディオ機器を選択・購入した時の様子を中心... 【ライバル対決】の2回目は、これまた第二次世界大戦・欧州戦線における代表的なライバル、独軍キューベルワーゲンと米... 連作【国鉄昭和五大事故 】シリーズの洞爺丸事故(後編)をお届けする。 2.明治時代に名字を適当に付けた家は本当に多いの? よく、江戸時代中の庶民(武士以外の農民、商人)は名字(苗字)を持っていなかっ たと勘違いされる事が多く、当メルマガでも何度も「持っていなかったのではなく、 〈2354JKI40〉, 【歴史雑学】 国家としての「日本」はいつ頃成立したのだろうか? 皆さんが生まれた時から当たり前のように、名乗っている「名字(苗字)」。 自分の「名字」がいつ決まって、いつから使われるようになったのかをご存知でしょうか?この記事では、古代からの名字の歴史と由来、自分の名字がいつ決まったのかについて、解説します。 (since 2016/04/01), 明治になって、お坊さんに「田んぼの中に住んでるから「田中」などと付けてもらったと習いました。, 1) 江戸時代以前の先祖が名乗っていた苗字(名字)を復活させた(多くの人はこちら), 4) 自分で考えて苗字(名字)をつけた(与謝野晶子の「与謝野」は、故郷与謝郡の地名から苗字(名字)を創作した). 同事故に関する連載最終回である今回は... 今回の《ファンタジーの玉手箱》は、最近ではTVアニメの『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(原作漫画は岸本斉史さん作の『... 彼らには現代の官僚にも近い熾烈な昇進レースが待ち受けており、また高禄の家柄の出身者だからといって、初めから出世が... 古来より我国のことは、『大八島/大八州(おおやしま)』や『秋津島/秋津洲(あきつしま)』、『葦原中国(あしはらの... リンカーン大統領の暗殺事件には数々の謎がある。後に多くの不審点が指摘され、謎の重大歴史事件として現在にまで伝えられている... 前回の【漢詩の愉しみ】『江南春(江南春絶句)』に引き続き、孟浩然の『春暁』に関する記事をお届けします。時期的にも5月後半... 《歴史豆辞典》 殿中でござる!! 「明治時代以前に、苗字を持っていたのは武士だけだった」というのは真っ赤なウソ!? 家系図作りのエキスパートとして知られる、無料メルマガ『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術 』の著者・丸山学さんが実際に見聞きしたと… 明治時代なんていいますと、現在でもまだ明治生まれの方もいらっしゃる訳で、そ れほど遠い昔とは思えないのですが、それでも明治期の姓(苗字)の取り扱いについ ては意外と史料が残っておらず謎も多 … 今では一般的に観られる映画も実は明治時代にはもう存在していたことはご存知でしょ... c The New York Public Library 「これからは庶民でも苗字を使うことを“許可”します」 〈2408JKI54〉, 【歴史ミステリー】 リンカーン大統領 暗殺の謎!? 「江戸時代には武士階級以外は苗字を持っていなかった。」という話はしばしば聞きますが、無料メルマガ『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』の著者・丸山学さん曰く、これは「誤解」なのだそうです。丸山さんが山陰地方で行っ… (明治3年の平民苗字許可令がありますが、課税されることを恐れて届け出は少なかった) ... ①江戸時代以前に武士であったが帰農した。 ... From. 明治時代以降、日本国民の全てが名字(苗字)を名乗るようになった。誰もが知っている通り、それ以前の時代では公家や武士、医師や学者、そして一部の豪農(庄屋・名主など)や有力な町人(町名主・年寄など)などに限って名字(苗字)を持つことが許されていた。 //

また、なぜ「日本」と呼ばれだしたのか? -江戸城内の重大事件簿- 〈25JKI39〉, 【江戸時代を学ぶ】 粋な江戸の男たち《2》 お次に控えしは『相撲取り』 〈25JKI00〉, 【三大〇〇調査会】 書の「三蹟」、そして「三筆」と諺「弘法も筆の誤り」・「弘法筆を選ばず」について 〈2408JKI47〉, 【江戸時代を学ぶ】 幕府直轄地(天領)の行政官、代官と郡代 について 〈25JKI00〉, 【大坂の陣・外伝】 伊達政宗の犯罪。嗚呼、無念の神保相茂隊全滅!! 100円均一が当たり前となっている現代では、100円でも様々なものが買える時代... c The New York Public Library 同事故に関する連載最終回である今回は... 今回の《ファンタジーの玉手箱》は、最近ではTVアニメの『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(原作漫画は岸本斉史さん作の『... 彼らには現代の官僚にも近い熾烈な昇進レースが待ち受けており、また高禄の家柄の出身者だからといって、初めから出世が... 古来より我国のことは、『大八島/大八州(おおやしま)』や『秋津島/秋津洲(あきつしま)』、『葦原中国(あしはらの... リンカーン大統領の暗殺事件には数々の謎がある。後に多くの不審点が指摘され、謎の重大歴史事件として現在にまで伝えられている... 前回の【漢詩の愉しみ】『江南春(江南春絶句)』に引き続き、孟浩然の『春暁』に関する記事をお届けします。時期的にも5月後半... 《歴史豆辞典》 殿中でござる!!

〈2408JKI54〉, 【歴史ミステリー】 リンカーン大統領 暗殺の謎!? 子供の習い事ブームとして女の子はもちろん、最近では男の子でも習い事でピアノを始... © The New York Public Library, 2016

Nv350 4wd 雪道 6, 新下関 広島 新幹線 4, 永年勤続表彰 お礼 文例 19, モンベル リュック 評判 5, 砂肝 薄切り レシピ 4, 芳根京子 兄 キヤノン 33, 平場 意味 テレビ 38, 佐藤栞里 高崎市 小学校 17, カリオン 馬 神話 8, Pso2 炎上 ヒーロー 11, テニス 四天王 コピペ 30, 鳩 天敵 鳴き声 11, 認知症 物盗られ妄想 期間 7, クトゥルフ シナリオ 二重人格 7, 星ドラ 星パス金貨 エラー 7, Warthunder 日本機 弱い 7, 29歳 女性 恋愛 11, ダイソー スクラッチアート 鳥 11, 松本人志 ウッチャン 結婚式 8, 日系 人 野球選手 15, 妊娠中 ビタミンc ドリンク 12, キングヌー ボーカル 井口 25, 世にも奇妙な物語 Dvd Box 4, 赤ちゃん 一重 と二重を繰り返す 15, 教場 動画 Pandora 23, ギラティナと 氷 空の花束 シェイミ 無料動画 16, みみっちい 男 韓国語 12, Osmo Pocket スーパーファイン 7, 有吉 さんぽ 2019 6, ハンターハンター 蟻編 改悪 7, インディゴ チルドレン 嫉妬 17, ワンピース 戦闘シーン つまらない 17, 婚活 付き合う 期間 14, 星の王子様 英語 全文 11, ポツダム宣言 黙殺 鈴木 4, ミスミ Peek パイプ 6,